自身のWEBサイトの状況を早く知るために

先日サイトを公開したお客様からこういった声を頂きました。

「うちのWEBサイトが使われているのかわからない」正にその通りで、何もしないでWEBサイトの閲覧状況を確認するツールはございません。

そこで、無料で使えるWebサイトトラッキングツールのGoogle アナリティクスを導入したところ、閲覧状況を確認することは実現したのですが、「たくさん機能があってよくわからない」という声を頂きました。

アナリティクスをお使いの方ならわかるのですが、目的の情報に辿り着くまでにナビゲーションがたくさんあったり、頻繁にアップデートされたりと非常に迷いやすいです。サイトの必要な情報だけを見たいのに無駄な時間を浪費するのはあまりいいとは言えません。

そこで、必要な情報をわかりやすく表示するために、Googleデータスタジオというツールが便利です。

上記のように必要な情報を、1画面にコンパクトにまとめて俯瞰する事が可能になります。

そのほかにも、

アドワーズとアナリティクスのデータを結合した例

YouTubeも

 

このようにカスタマイズを行い自分好みのダッシュボードが簡単に作成出来ます。

また、その他社内のデータを結合することも可能で、欲しい情報をまとめて俯瞰できます。